小型犬に食べさせるドッグフードについて

小型犬に食べさせるドッグフードについて

犬種によって与えるドッグフードの種類が違ってくることはご存知かと思いますが、特に小型犬をお飼いになっている方にとってはドッグフード選びが大変ではないでしょうか。

 

小型であるからこそ必要とするカロリーの量が充分でないと体が弱りやすいという傾向がありますので、しっかり美味しく食べてくれるドッグフードを選択したいものです。

 

普通に考えると大型犬の方がカロリーをもっと必要とするんじゃないかと思いがちですが、一キロあたりで考えると小型犬のほうが必要カロリーが高いんです。

 

小型犬がどれだけカロリーが必要かということが分かってくれたかと思いますが、そうなってくるとちゃんと美味しく食べてくれるドッグフードを見つける作業が必要になってきます。

 

人とおんなじで美味しくなかったら口にしないなんてことが良くありますから、ネットなどを利用して評判の良い小型犬用ドッグフードを見つけてください。

 

個人ブログなどで小型犬を紹介している方の意見などもかなり参考になりますから、ドッグフードの公式サイトと併せて是非ともチェックしておきたいところです。

 

またアレルギー持ちの小型犬を飼っている方も食事のことが気がかりかと思いますので、これもアレルギーを起こす可能性が低いドッグフードに替えてみてください。

 

ドッグフードを食べない愛犬

 

我が家では一歳になるトイプードルと一緒に暮らしています。

 

子犬の頃からとても可愛がり、今でも変わらず愛されています。

 

しかし、最近問題が発生して困っています。

 

私の父が愛犬を可愛がりすぎるあまりに、人間が食べる食べ物をコソコソと食べさせていたのが発覚しました。

 

気が付いたのが、ドッグフードを与えてもあまり食べなくなったのが始まりです。

 

人間の食べるものはどうしても味が濃く、犬にとっては一度知ってしまったら癖になってしまうくらいおいしいものに違いありません。

 

しかし、それは決して犬が食べるものではなく、体にも良くないでしょう。

 

早速、ドッグフードのみの食事に戻そうと家族全員で結託しました。

 

しかし、愛犬も断固としてドッグフードを食べようとしません。

 

試行錯誤の上、様々なドッグフードを試してみたり、いきなりドッグフードだけに戻すことは難しいと思い、鶏肉を少しだけ混ぜてみたりしました。

 

約一か月試してみたら、最近は愛犬もあきらめたのか、ドッグフードだけの食事に戻りました。

 

結局一番効果的だったのはドッグフードに少し水分をかけてレンジでチンしてあげる方法でした。

 

匂いがプンプンと香り、人間にとってはややキツイ匂いでしたが、愛犬にとっては食欲をそそったようです。

 

人間に振り回されてしまい、愛犬には申し訳なく思いますが、もとの食生活に戻れたことで長生きできればと安心しています。