シニア犬にはシニア犬用のドッグフードを

シニア犬にはシニア犬用のドッグフードを

小型犬では座敷犬も多いせいか、ワンチャンも長生きするようになりました。

 

長生きするようになると、若い頃と同じような食生活ではいけないのは人間だけではなく犬も同じです。

 

そんなシニア犬にはシニア犬用のドッグフードを選ぶ必要があります。

 

ワンチャンに必要な栄養素自体はそれほど変わりませんが、どうしても年齢と共に基礎代謝は落ちてしまいます。

 

若かった頃と比べても、お散歩の時活発に走り回らなくなったというワンチャンもいるのではないでしょうか。

 

また人間のように消化が悪くなったり皮膚にできものができるような症状があれば、やはり今までのドッグフードは体に合わなくなってきているということです。

 

ワンチャンによりますが7歳も過ぎれば、シニア犬用のドッグフードが安心です。

 

高齢犬になってからも若い頃と同じような食生活ではどうしても太りやすくなります。

 

太ると生活習慣病など病気の心配もありますし、太って動けなくなる、動かなくなると骨なども弱ってしまいます。

 

シニア犬用のドッグフードは高タンパクだけど低脂肪な商品がオススメです。

 

タンパク質としてはお肉より魚を多く配合している商品です。

 

中には人間のサプリメントさながらにグルコサミンなど年と共に弱ってしまう骨や関節をサポートする栄養素を配合している商品もあります。

 

ペットの様子に合わせて必要な栄養素の入ったドッグフード選びをすることが大切ですね。

 

ドッグフードを選ぶときには犬のサイズも重要

 

ドッグフードを選ぶときにはいろいろなことに注意をしながら、選んでいく必要があるのですが、その中には犬のサイズというものがあります。

 

犬のサイズによって適したドッグフードが変わってくるので、ここは特に注意をしてほしいと思います。

 

具体的には、3種類ほどのサイズに分けられますが、大型犬、中型犬、小型犬となっており、それぞれの犬のサイズにより適切なドッグフードがあるので、どれを与えても同じとは思わない方が良いでしょう。

 

例えば、小型犬の場合にはどういうドッグフードが良いのか?というと、カロリーに気を使ってあげることが重要です。

 

小型犬の傾向としてはカロリーを多く消費するため、その点に考慮した選び方が必要になります。

 

実際に小型犬に合っているのは、カロリーが多めになっているドッグフードとなっていますが、犬のサイズによってドッグフードが種類が分類されているケースが多いと思いますから、割と見つけやすいとは思います。

 

小型犬用のドッグフードはどれか?を探してみれば、カロリーが高いものが自然と見つかるはずです。

 

だから、そんなに難しいことではないでしょう。

 

しかし、自分の飼っている犬がどのサイズなのか?を確認して、そのサイズに最適とされているドッグフードを選んでいくことが1つ重要という事実は、飼い主として知っておくべきということになります。