肥満気味の犬にオススメのドッグフード

肥満気味の犬にオススメのドッグフード

ワンちゃんが肥満気味の場合、どのようなドッグフードを食べさせるか知っているのでしょうか。

 

ワンちゃんも人間と同じように肥満になりますし、そうなると健康に良くないのでダイエットをしなくてはいけません。

 

では、ダイエット中のワンちゃんにオススメのドッグフードを紹介します。

 

まずは、ナチュラルフードを紹介します。

 

このフードには原料用や体重管理用といったダイエット用のドッグフードが用意されています。

 

低脂質・低カロリーなので、ダイエット中のワンちゃんにオススメします。

 

次は、ナチュラルハーベストというドッグフードですが、これは、肥満犬の食事療法としてワンちゃんのダイエットをサポートしてくれます。

 

最後は、クプレラというダイエットフードを紹介します。

 

このダイエットフードは消化の良い、白身魚が主原料に使用されています。

 

ですので、あっさりしていて、消化がすごく良いです。

 

肥満犬だけでなく、内臓機能が低下した高齢の犬にもオススメなので、食べさせてみてください。

 

このように、肥満気味のワンちゃん専用のドッグフードがあるので、もし、肥満で悩んでいる人はこの中のどれかを食べさせてあげると良いです。

 

また、これ以外にも肥満用のフードはたくさん販売されているのでたくさん調べてみてください。

 

そのドッグフードで本当に大丈夫?

 

ドッグフードは他のペットフードと比べれば、比較的安価で販売されているものですが、大型犬や多頭飼いをしていると、フード代も結構バカにできない額になってしまうんですよね。

 

ホームセンターやディスカウントショップでは、びっくりするほど安価なドッグフードが売られていて、ちゃんと食べてくれるならコレでも良いかと思ってしまいがちですが、そのドッグフードで本当に大丈夫ですか?たとえ喰いつきが良かったとしても、それが愛犬の体に良いもので出来ているとは限りません。

 

原材料表示を確認するのは面倒でも、可愛いペットのためですから、何が使われているかはしっかりと確認してから買うようにしましょうね。

 

保存料・着色料・酸化防止剤がたっぷりと使われたものが体に良い筈はありませんよね。

 

ちなみに犬は雑食寄りの肉食動物です。

 

本来は肉食な生物だったものが、人と過ごす事で少しずつ、植物性のものも食べられるようになったというだけなので、犬の体に本当に必要なものは、穀類ではなく肉類なんです。

 

原材料表示の上位に穀類が記載されていると、なんとなくヘルシーに思えてしまうのですが、主原料が穀類のドッグフードでは、栄養の偏りやアレルギーの原因となりやすいので避けましょう。

 

肉副産物、ミール、パウダーも要注意です。

 

肉の副産物というのは、動物の体から食用とする肉を取り除いた残りの部分のことなので、肉ではなく、骨や内臓などがほとんどです。

 

それを集めて固め、砕いたものがミールやパウダーとなります。

 

ドッグフードを買う時には、穀類を使用していいない、もしくは原材料表示の下の方に書かれているものを選び、余計な添加物のない、副産物やミールではなく、何の肉を使っているのかを明記してあるものを選ぶようにしましょうね。