良いドッグフードを選ぶ際のポイントをご紹介

良いドッグフードを選ぶ際のポイントをご紹介

我が子のように犬を大切にするのであれば、犬の健康を考えたドッグフード選びが大切です。

 

可愛がっているとは言え、ドッグフードまで厳選して選んでいる人は少ないかもしれません。

 

しかしドッグフードについて詳しく調べていくと、人間同様に犬の健康を考えたドッグフード選びがいかに大切かに気づかされます。

 

あまり気にしている人は少ないかも知れませんが、ドッグフードには保存料や着色料が含まれているものが多々あります。

 

これに対して無添加のドッグフードも販売されており、健康を考えれば検討したいポイントです。

 

また原材料で、トウモロコシなどの穀物が含まれているドッグフードも多くなっていますが、実は犬は肉食のため穀物の消化には適していないのです。

 

原材料の最初の部分に穀物が掛かれているものは主原料がそれであるため、犬の健康を考えた場合は避けた方が良いでしょう。

 

最近は、穀物を使わないグレインフリーのドッグフードも販売されているほどですから、選ぶ際のポイントとして少し頭に入れておきましょう。

 

そしておすすめな原材料としては、新鮮なお肉をつかったドッグフードです。

 

高品質の動物性のたんぱく質をとることが望ましく、原材料の最初にそのような動物性たんぱく質が書かれているかどうか確認してみましょう。

 

以上のようなポイントを参考に、良いドッグフードを選んで犬の健康を考えてあげましょう。

 

市販のドッグフードと手作りご飯どちらがいいの?

 

最近は愛犬に手作りご飯を作って食べさせてあげる飼い主さんが増えているということですが、市販のドッグフードと手作りのご飯はどちらが良いのでしょうか。

 

手作りご飯ですと、確かに飼い主さんが選りすぐりの材料を使って余計な添加物を加えずに愛情を込めて作るので安心で安全なフードだというのは一理ありますが、実は手作りご飯にも大きな落とし穴があるのです。

 

手作りご飯は、やはり栄養のバランス的には問題があることが多いのです。

 

どんなに飼い主さんが研究して栄養バランスの取れた手作りドッグフードを用意したと思っても、やはり愛犬に必要な栄養素が足りない場合があります。

 

市販のドッグフードは長年研究され尽くした犬のことを考えて作られたフードですから、最も栄養バランスが取れている食事だと言えるのです。

 

もちろん着色料や保存料などの添加物を加えたり、内臓や皮などの副産物が入っているクオリティの低いドッグフードも存在していますが、そういったものを避けてナチュラルなプレミアムドッグフードを選ぶようにすれば、これほど栄養バランスが取れた食事は無いのです。

 

愛犬が元気で過ごすには、やはり犬が必要としている栄養素というのがあり、その数は2、3種類ではなくもっと多くの種類があるのです。

 

その一つ一つをしっかり含んで製造されたドッグフードなら手作りフードを超えた質の良さが実感できることでしょう。