ドッグフードについて

ドッグフードについて

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。

 

じぶんは一年前からですが、ペットを購入させていただいております。

 

自分は愛犬はプードルです。

 

市販のドッグフードを去年まではあたえておりましたが現在では獣医がすすめてくれたドッグフードを活用するようにしております。

 

これには理由があり、去年にプードルがドッグフードを食べた後に嘔吐をしてしまいました。

 

原因が自分たちはわからなかったので、病院に連れて行くと、食中毒でありました。

 

この事実を聞かされて自分たちはほんとうにショックを受けてしまいました。

 

しっかりとホームセンターで購入をして、犬の種類や年齢にあったものをたべさせていたのですが、食中毒にあったのです。

 

獣医によれば稀にそういったケースがあり、市販のものでも食あたりをしてしまうことがあるといわれてしまいました。

 

事故であり、飼い主の自分たちの責任ではないとなだめてくれて医師にはほんとうに感謝をしております。

 

現在では医師が自分たちに進めてくれたドッグフードをネットの通販で購入をして、プードルに与えるようにしております。

 

少し値段ははってしまいますが、犬の健康のことを思えばほんとうに仕方がないと思っております。

 

犬の種類によってドッグフードは選び方を変えるべき

 

ドッグフードはどの犬も同じものを食べるべきではないのです。

 

実は犬の種類によって、それぞれ適切なドッグフードがあるので、それを理解したうえで食べさせていく必要があるということになります。

 

でも、それはどうしてなのか?というと、理由としては、例えば食欲の大きさと肥満のなりやすさというのがあります。

 

犬の種類によって体質などが違うため、どれだけ多く食事を摂るか?とか、あとはどれだけ体重が増えやすいか?という部分が異なります。

 

人間でもこういった部分は人によっても違うはずで、体質によってよく食べる人、少食な人、太りやすい人、太らない人というのがいると思われますから、犬の場合もそれがあるということになります。

 

そして、犬の場合には種類でそれらが分かれることも多く、自分が買っている犬がどういう体質なのか?食欲はどれくらいなのか?太りやすさはどうなっているのか?を調べたうえで、犬の健康状態を害さないようなドッグフードを選んでいくことが大切になるのです。

 

ペットの肥満問題というのが、一時期話題になったこともありますから、飼い主としてはここは無視できないところなります。

 

自分の買っている犬の種類の体質をまず理解して、それを実際に食べさせるドッグフード選びに生かしていかないといけないということなのです。