ドッグフード選びで大切な原産国

ドッグフード選びで大切な原産国

ドッグフードを選ぶときには、その製品がどこで作られたか?というのが非常に大切になります。

 

ドッグフードで有名な国は世界でも何カ国かに限られており、特に有名な国で作られたものを多くの人が使用していると思われます。

 

特に有名なのはアメリカで、日本でもアメリカ産のドッグフードを利用している人は多くいるでしょう。

 

アメリカ産のドッグフードは製品の種類が多いので、自分の犬に少しでも美味しいものを食べてもらいたいと思うときには、選択肢が多いために愛用している人も多いのではないか?と思います。

 

アメリカ産のドッグフードは実際に利用している人が多いものの、注意点もあるのです。

 

それは日本では使ってはいけないとされているものが含まれている可能性があるということです。

 

全部の製品がそうというわけではないですし、あくまでも可能性の話なのですが、リスクとして知っておいてほしいと思います。

 

逆に安全性にぬかりがないのがドイツで、ここでは人間と同様の安全基準でペットのための食事も考えられていますから、ドッグフードに関しても、相当安全性への配慮があり、犬に与えても問題は起きづらいだろうということが言えるのです。

 

原産国によって安全に対する信頼が違いますから、ここはドッグフードを選ぶときに欠かせないポイントになると思います。

 

年齢によってドッグフードを選ぶ

 

年齢に合わせてドッグフードを選ぶことで、犬の体にかかってくる負担を軽減することができます。

 

若い犬は、多くのエネルギーを使うことになるため、たくさんの栄養成分を含んでいるドッグフードを与える必要が出てきます。

 

高品質な肉類などを多く含んでいるドッグフードを与えることにより、若い犬の体を作り上げていくことができるのです。

 

若いうちに十分な栄養成分を摂取させておけば、骨を丈夫にすることができたり、強くて柔軟な筋肉を作り上げることができるのです。

 

犬の健康のためにも、栄養分に注目してみるとよいでしょう。

 

逆に、老犬にはカロリーを抑えたドッグフードを選ぶ必要が出てきます。

 

老犬は、若い犬と比べて動きも鈍く、消費できるカロリーも限られている状態です。

 

そのため、カロリー控えめのフードを選ばないと肥満や生活習慣病にかかりやすくなってしまうのです。

 

老犬には、カロリーを抑えた原料で作られているドッグフードが売られているので、それを購入してみるとよいでしょう。

 

カロリーが抑えられているものを購入すれば、太ってしまう心配なく与えることができますし、病気にかかることなくいつまでも元気でいてもらうことも可能になってくるのです。