無添加のドッグフードがおすすめな理由@アレルギー持ちでも安全

偏食家のワンちゃんのドッグフード問題について

食べ物の好き嫌いがある人は本当にたくさんいるかと思うんですが、それは犬でも同じことで偏食をするワンちゃんに困っていらっしゃる飼い主さんがいるんじゃないでしょうか。

 

せっかくワンちゃんの健康を考えたドッグフードを与えたのに、全く食べてくれなくって本当に悩んでいらっしゃる飼い主さんは意外と多いかと思うんです。

 

どうしても食べてくれないから色んなドッグフードをコロコロと替えてみたく気持ちは良く分かるんですが、それだとワンちゃんの食事の嗜好がもっと偏ってしまう可能性が出てきますので、取り敢えず偏食家のワンちゃん用のドッグフードに変更したらそれをある程度与え続けることが重要なんです。

 

またあまり多くの食事をいっぺんに与えてしまうというのも考えものですので、なるべく栄養価が高くってちょっとの量でお腹を満たすことの出来るドッグフードを選ぶのが良いかと思います。

 

やっぱり人間と同じでたくさんの量を一度に摂取するなんてことは良くないですから、飼っていらっしゃるワンちゃんの犬種に応じた適切な量を与えてあげてください。

 

ワンちゃんの食事面の問題は飼い主さんにとってとても気がかりですが、根気良く頑張ればきっと解決してくれるかと思います。

 

総合栄養食のドッグフード

 

ワンちゃんが毎日口にするドッグフードには最大限の注意を払わなくてはなりません。

 

ワンちゃんの年齢に合わせて子犬用・成犬用・高齢犬用を選ぶのは当然です。

 

ドライタイプにするかウェットタイプにするか、セミモイストタイプかソフトドライタイプにするかで悩む人もいることでしょうさらに値段や有名メーカーで悩む人もいるかと思います。

 

しかしそれらを見る前に必ず確認するべき所があります。

 

それは総合栄養食と書かれているかどうかです。

 

総合栄養食とはペットフード公正取引協議会により定められた基準をクリアしたドッグフードのみ名乗ることができます。

 

総合栄養食のドッグフードと水を与えればワンちゃんにとって必要な栄養素を摂ることができます。

 

総合栄養食を名乗るドッグフードは栄養のバランスのとれた安心できるものだと言えます。

 

逆に総合栄養食と書いていないドッグフードは一般食と言います。

 

当然総合栄養食より栄養は少なくなっています。

 

代わりに香りづけなどをして嗜好性を高めているものが多いため、おやつとしての側面があると言えます。

 

毎食おやつを与えていては栄養が不足してしまうため一般食を与えることはおすすめしません。

 

ワンちゃんの栄養を考えるのであれば必ず総合栄養食と書かれているドッグフードを選びましょう。

 

ドッグフードは高いものを選択しよう!

 

自分の大切なペットであるワンちゃんに食べさせる食事にはきっと世界中全ての飼い主が気をつかっていることでしょう。

 

一言にドッグフードといっても与える犬によって合う合わないが大きく出ます。

 

選択に誤ると犬が病気になったり最悪死んでしまうことだってあるのです。

 

私はドッグフードを購入する際は、いつも自分で自分に課した自分ルールを守るようにしています。

 

その自分ルールとは、ある一定以上の金額のドッグフードしか購入しないというものです。

 

昔は安いドッグフードを購入して自分の愛犬に食べさせていましたが、それがきっかけで犬が病気にかかり亡くなったことがあったのです。

 

それからというもの高いものを購入して犬に与えるようにしています。

 

当然出費はかさみ、家計には優しくありません。

 

しかしお金を大切にする余り、本当に大切なものを失ってはいけないということにあの時私は気がついたのです。

 

高いドッグフードは犬の栄養バランスや心の健康など全てを気遣ってくれているため、愛犬が病気になるということはありません。

 

犬の健康を本当に心から思うのであれば迷わず高いものを選択し、与えるべきなのです。

 

犬を失う悲しみに比べたらお金を失う悲しみなんてたかが知れていますよ。